とうふ屋桂庵のホームページに、ようこそおいで下さいました。
<とうふって、こんな味だったの>と、よろこんでいただけたなら、ハッピー。
<マシンガントーク>になるほど、熱く料理のことを、語ることもあります。
どんなことでも、きいてください。
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
女将の著書
 
  • なんじゃかんじゃとダイエットは遠し(2021/02/13)
    前回「芋けんぴあげます」とかいたら、くれる人ばかりです。
    『デブ道を行くっしかない』(^_^)
    ダイエットの敵はデブ(ゴメンね)とお友達にならないと、自戒していたのに。
    配偶者以外、皆子供の頃から食べることだけは、心いっぱいという、幸せな境遇。
    『ウエストは何処』じゃなく、『ウエストというものが、ここにあった』(笑)

    恋の理由は、心でなく、脳だって知ってました❔
    男女の友情が成立しにくいのは、男は発情力(テストステロン)が多いのです。
    女には妊娠という神様からのプレゼントがあるために、出産と同じく心を配分できます。
    男には『一夜限りの恋』なんて、ありえるのです。
    顔みて、翌日に結婚式あげて、その翌日、出征なんてことを、日本は75年前に国を挙げて、めでたがっていたのですから・・・・・・・

    日本人は、「目は口程にモノを言う」と、相手の感情をみますが、欧米の人々は、口元をみます。
    ホームのかげで泣いていたのが日本人なら、汽車の窓から手を握り「ご無事で」と、口元を見つめるのが欧米の人々。手を握るには(*_*)お餞別が要るわ。

    日本が負けたのは芋けんぴ=物量とは新解説(・・?
    芋けんぴのレシピはカンタン。大学芋を作るよりも、時間をかけること。
    さつま芋はコガネセンバン、5㎜角に切り揃えて、火通りよく低温から、中温・高温と揚げる。そして、蜜かけの時、砂糖が結晶になるまで、かき混ぜること。
    コツはこれこそ物量作戦。たくさん作って、たくさん配ること也。

    ところで、なんで芋けんぴって言うか知ってますか?
    山内一豊の時代、(嫁はん千代の内助の功)で、1601年に土佐で『堅干』という干菓子を西川屋が作りましたが、殿様と同じお菓子では畏れ多いと、さつま芋で作ったのが芋けんぴ。

    堅干のレシピです。
    卵 50g 砂糖 140g 重曹 1g 小麦粉 200g をよく混ぜて、のして、細く切って、160℃ 10分 焼きます。
    松葉の形にしたら、さるところの茶席の菓子になります。

    カンタンなダイエットレシピ
    両手の人差し指と親指で、チェーンドッキング
    恋の駆け引きのごとく、フーッ、フーッとため息をつきながら、二度と別れるものかと、強く引っ張りあって下さい。
    効果(>_<)は次回のブログアップで・・・・・・。
  • 目の合えば、鹿まばたきす、春隣(2021/02/04)
  • 夜に人間はハイになる(2021/01/30)
  • 名字の言(2021/01/20)
  • わが声と、ならざりしもの、咳かな(2021/01/16)
桂庵かわら版のトップへ