とうふ屋桂庵のホームページに、ようこそおいで下さいました。
<とうふって、こんな味だったの>と、よろこんでいただけたなら、ハッピー。
<マシンガントーク>になるほど、熱く料理のことを、語ることもあります。
どんなことでも、きいてください。
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
女将の著書
 
  • 人生余熱あり (城山三郎 2000年)(2019/02/17)
    ケイアンの〔華甲〕もあと2ヶ月です。
    食べるモノを作って、配って歩くのが大好きなケイアン。
    配偶者は包丁を持たせたらピカイチ「研ぎ」もしてくれますが、教えて教えきれないのが余熱の効用です。

    毎年、黒豆を3種類煮ますが、かた煮で見事に失敗してくれました。
    いくら「しわがよるまでめでたい」というかた煮でも、煮上がった時に煮汁がヒタヒタより多目でないと、冷めた時に固さの中に〔シコリ〕が残り旨味に欠けます。
    洋酒みつ煮は、シロップにつけかえ冷ましてから洋酒を加えます。熱いうちに加えたらアルコールも飛び、日をおいたら風味にかけます。

    縁のあった料理屋から、おせちのゆず釜のゆずの中身を130個分もらい受けます。
    氷砂糖で煮て【甘露柚子】。ケイアンの大自慢ですが今年は残念。
    ゆずの種をとってから氷砂糖を合わせ、加熱してから半量の氷砂糖を加えるのですが、種をとる前に、全量の氷砂糖を合わせてしまいました。
    こんなときは、度胸で作ります。
    余熱の効用がなくて、ペクチン(とろみ)が不具合と感じたのはケイアンの思い込み??????
    それでも皆様はとでも喜んで下さりました。大感謝。

    ちまたでは豚コレラでセンセーショナル、岐阜が発信元。
    豚がかわいそうなのでレシピをひとつプレゼント。
    ローストポーク 1981年に穴沢えみ子さんが教えてみえます。
     肩ロース 1.5kg  あら塩 30g  スパイス etc.
    フレンチマスタードを3/4C塗り、ローリエをはりつけ、170℃オーブンで90分。
    余熱の効用、加熱した時間と同じだけ置けば大丈夫。
    はりきって熱々を切ると、血がにじんで食べる人の気持ちがなえます。
    詳しい作り方を知りたい方はメール下さい、食べたい方はご予約ください。
  • ブラウニーはママの味(2019/02/09)
  • I'll treasure it(2019/02/01)
  • 【横紙破り】とは?(2019/01/29)
  • 両方したらいい(2019/01/25)
桂庵かわら版のトップへ