はやみせんせいをよろしく

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-4-3 8:30
《老中成敗闇御庭番(10)印旛沼佛々(ひひ)》
P213 「そのお言葉忘れませぬ」真中は真摯に頭を下げた。「まったくそういう堅苦しいところが、そなたの短所であり長所だ。人というものは長所が短所になり、短所が長所になるということが、まま見受けられる。また、長短の差が大きいほど際立った仕事をするものだ。」

(^_^)早見俊先生、岐阜市生まれ、岐阜高校から法政大に進まれ、会社員を経て作家活動に入られています。
岐阜市とのコラボ『うつけ世に立つ 岐阜信長譜』、信長入城450年で出版されており、コロナ直前には、岐阜市で講演をなさる予定でした。
[ 再起期す ]

レシピです。
煮豚は、焼いてから煮ることが多いですが、煮てから焼いてみませんか ?
惜しくも閉店しましたが、伊奈波神社近くにあった『丸信』の焼き豚のような仕上りです。
豚1キロ塊を4本に切り、塩15gまぶして10分おきます。
しょうゆ・砂糖・酒・はちみつを加えて、3時間以上おきます。
鍋に入れて(水ヒタヒタ)煮立ったらアクをひいて、フタして弱火で20分煮ます。
途中で、4~5回肉の位置を移しながらです。熱いので気をつけてね。
汁気がなくなって、透明な脂がキラキラしてきたら、その脂をたよりに鍋肌の旨みをこそげるように、つきっきりでぐるぐる動かします。とても香ばしいです。
辰巳浜子先生(M37生まれ)のまた聞きのレシピです。男でも女でも、何かを成し遂げる人は、長短の差がはっきりとしているそうですから、是非(^_^)ケイアンもあやかりたいです。
作りたい人は、TEL下さいませ。食べたい人は、ご予約下さいませ。

65才と20周年

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-3-31 8:24
私(S33生まれ)の子供の頃、母(S7生まれ)が作ってくれたオムレツは、バターでハムと玉ねぎを炒めたものが、二つ折りにした中に入っていました。
フォークを入れると、とろっと流れて表面は輝く木の葉形(^_^)。
プレーンオムレツなんて憧れでした。
然しながら、人間とは異なもの !
先日、有名なイタリアンの店でポロネーズソース(牛ひき肉と玉ねぎ)のオムレツを食べてHEAT UP。

こんなソースを作りました。
二つ折りにした中に入れても、かけても GOOD 。
ただ、熱々にしてくださいね。
冷めていると、バターがころついて、不味くはないけど、ちょっとNAÏVE です。
パスタにかけてもGOOD 。
なすをオリーブ油で焼いて、たらしてもGOOD 。
ちょっとばかりムリがありますが、とうふステーキもよしとします。

おかげさまで、とうふ屋桂庵も5月16日で20周年です。
ご贔屓たまわりまして、ありがとうございます。

あんたも えらい わっちも えらい

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-3-30 9:01
ケイアンは、自信(^_^)カジョーな女です。でも、メンタルは弱いです。
[ 花粉 ] の今は、ひでぇーめにあっています。

毎日新聞に2022年10月1日から、食卓の一品(ふわふわかきたま汁)を、ほりえさわこ先生が執筆されております。
とっても魅力的なレシピです。
12月まではアトランダムに切り抜いておりましたが、とうとう専用バインダーを用意しました。全部揃えるために、岐阜市立図書館に通い、コピー代(>_<)払いました。
この方のお母様(ひろ子先生)、お祖母様(泰子先生)に、きのこ料理コンクールでお会いしました。
全国大会ということで、長野県代表の2人組がヒートアップ(@_@)
みなさん、ケイアンもそうですが、『えーっ なんやて』と、ちょっとばかり冷ややかな目でしたが・・・(^_^)
その後の茶話会で『ケーキだーっ』と、またまた2人組がヒートアップ(@_@)
今では岐阜のイオンでも売っている『銀座コージーコーナー』のケーキでしたが、『そうよ、これが東京の味ですよ』と堀江泰子先生。
『うめぇーもん作る』自信(^_^)カジョーの人の集まりなんです。
堀江泰子先生は、なんと慈愛のある言葉、傍らの堀江ひろ子先生も、そんなお母様に頷いておられました。
30代の10年『日本一になったるでぇ』と、コンクールアタックのケイアンも、この日だけは65才になっても忘れません。審査員日本一の方です。
誰かをリスペクトしたら、それをわかる自分をリスペクト。

レシピです。
なんとか長女一家の帰国の日までに(イギリスと言えばローストビーフ)クリアーしようと思ってますが、㊎がかかりすぎてクールダウン。
今お伝えできることは、牛肉200gならオーブントースターで、
           牛肉400gならフライパンで焼くのがおすすめです。
1㎏以上ならオーブンで焼きます。そして、堀江泰子先生の先生であられる河野貞子先生(明治32年生まれ)の [おいしく作るには1㎏以上の塊肉を使うこと。残りはほかの料理に使える] ドンピシャです。
作りたい人は、ケイアンと考えましょう。
食べたい人は、ご予約下さい。
とうふを食べていただくためのコース2,200円(税込)のみ。
2日前の完全予約のわがままな店ですが、お待ち申し上げます。

人生を 振り返るほど 暇なのよ

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-3-14 8:30
田上喜左男さん82才の川柳です。
ケイアンは、4月20日で65才になります。
それぞれに想い出があり、仕事中でも、ふと、我にかえることもあり。
いつだったか珍しい果物[甘平]をいただきました。
どてっと大きいのに、味は温州みかん(^^)
どてっと大きいのに、皮がうすいところは温州みかん(>_<)
言わなきゃいいのに、「ピールを作ろうかな! マーマレードを作ろうかな!」
欲の深いこと日本一のケイアンは、今のところヘタとタネは喰えんけど、皮なら喰うと実践中です。
とてもじゃないけど、皮がうすくて表皮がむけません。
とてもじゃないけど、皮がうすくてペクチンがとれません。
つまるところ[甘平]なら男の子。ひとりだちできん子なら、兄弟姉妹はいうに及ばず、いとこ、はとこ、総動員して助けてやれ。
甘平の皮90g・八朔のピール126g・甘露柚子59g・ラムレーズン132gを混ぜてみましたが、まとまりません。こんな時、お菓子研究家ならケーキクラムですが、とうふ屋桂庵としては、おからパウダーをハラハラと入れて、つながるまで待ちました。

さて、本日はホワイトデー。
節分明けの2月4日にチョコレート配ったので、みんな忘れとりんさって、誰ひとりくれません(>_<)。
あまのじゃくケイアンは、自分でパウンドケーキを焼いて配りまくりました。

レシピです。
バター:1/2ポンド 砂糖:1/2ポンド 卵:1/2ポンド 粉:1/2ポンド
フルーツは1ポンドです。
1ポンド450gづつが、パウンドケーキの由縁。

ちなみに、英国の本を訳していて気が付いたこと。
喰えんようなフルーツでマーマレードを作るなら、
フルーツ400gに、砂糖300g・クエン酸4g・塩15g
苦味と酸味は塩梅できますが、今ひとつとあれば、ジンを、たら~りと入れてね。

PS ケイアンは、マクドナルドシニアクルーですが、キャプテンに「声がいい、マックにぴったり」とおだてられてHAPPY。
人の印象は声が9割。
ケイアンは、黒ベストを着ていないセイラーです、おまかせあれ。

佐倉市つむぎ行き

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-2-22 10:04
駐車場がわからず、また、息子さん、お嫁さんに、お目もじできず残念というよりも(>_<)と思っていましたが・・・
黒米カンパーニュとメロンパンの味を、かみしめていて、やっと気づきをちょうだいしました。
竹谷先生は、SENSITIVEな方ですね。
今度は、岐阜でお会いできれば、HAPPYです。

粉の水和・発酵・熟成を考えると、<松風>粉と砂糖と水だけの銘菓。そして、<長良川天然ワイン>母松尾さい(S7生まれ)、叔母松尾とく(S8生まれ)は、ぶどうをくださる方がいて、作り方を教えて下さって、作っていたと申します。
天然酵母はぶどう也。二人とも「ワインになる前に、あんまりええかざ(岐阜弁で香り)するで、飲んでまった」と申します。

魚勝のうなぎは、関東・関西のひらき方から、焼き方、そして、松尾家のとうふ作りとなぞらえて、ご馳走します。
うんめぇ~、たきたてご飯で、一人2本食べましょうなんて、笑ってね。

PS1 2月16日、片道7時間で千葉県佐倉市へ。[つむぎ]にて、竹谷光司先生(新しい製パン基礎知識)にお会いしました。
行きの静岡パーキングエリア[新宿さぼてん]の<かつおレアカツ定食1,190円><まぐろレアカツ定食1,190円>
帰りの佐倉市の[一龍]<麻婆とうふ定食1,000円><レバニラ定食>絶品というより選品(❁´◡`❁)
食べたい方は、ご予約下さい。コースに組み込みます。

PS2 
・黒米カンパーニュ 190g 300円
    (^_^)(魅惑的な色に、香ばしいクルミがたっぷり)
・メロンパン 78g 180円
  お取り寄せなら、お取り継ぎします。

PS3 
 ・というわけで、配偶者カーに感謝します。
 ・というわけで、バトラー(申告)に感謝します。
 ・というわけで、ブログのファンの皆様、UPが遅れて申し訳ありませんでした。

OK

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-2-2 15:33
OKは、間違いからです。
アメリカの7代目大統領が、『ALL CORRECT』を『OLL KORRECT』と書いてしまい、了解となりました。

ケイアンも、5月12日で20周年になるのに、間違いです。
ある日のお客様
アメリカ人と国際結婚された娘さんが、妹さんとお父さんを招待との予約でした。
昭和8年生まれのお父さん、両手にツエを持つたまま、座敷に上がられました。
目が点、京料理の店の仲居さんにお尋ねしたら、『ツエ アカン』でなく『ツエ お拭きしましょうか?』とのこと。
節分の献立です。
とうふは大豆からということで、最初に大鍋一杯のゆで大豆を見ていただきました。
1, 甘露柚子 2,煮豆 3,炒り豆・グレープフルーツゼリー 4,青竹とうふ
5,こぶ巻かまぼこ・めんたい卵・大学芋・トマト・さつまいも
6,おからいり 7,ローストビーフ・わさび菜・菅ごぼう 8,いり豆ご飯
9,あんかけとうふ 10,紫いもきんとん
ごぼう、かき、やまいも、が食べられないとおっしゃっていましたが、珍しさもあって、菅ごぼうはデリシャス。

「タンパク質が足りないよ♪」というCMが流れたのは1965年。
日本がアメリカに負けて20年後です。
ちなみに、タンパク質は英語でプロテイン。

<きなこ豆>
節分のいり豆を、片手鍋一面に並べます。重ならないこと。
ヒタヒタより少なめの水と、水に溶けるだけの砂糖で、鍋肌が白く糖化するまで煎り続けます。アワヤ!!とする寸前で、きな粉をふりいれ、まぶします。
これレシピないんです。
食べればOK 作ればOK
ご予約お待ちしております。

わからないのが 大切なこと

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2023-1-4 8:32
義父は、平成5年の相続で、だんご三兄弟が絶縁するようなことを残して、アカンやっちゃけど、ひとつだけ教えてくれたことが有り。義母が、自転車で転んでから、諸々あってネグレクト。
「私は、あらゆる宗教の人の話を聞いたけど、同じことはひとつ。先祖を大切にせよや」
というわけで、ケイアンは、日本にいる限り墓参りします。
ちなみに、先祖は、10代遡ると2,046人、20代遡ると20万人。

新婚の頃、ケイアンは義父に、鶏とごぼうを煮て出したら、「一緒に煮ると、そのものの味が、なくなってしまう」とNG。
ほんでさぁ~、一緒に煮ても、別々の皿に盛って出したらOK。
大切なことって、わからんもんやて。

大晦日に、ダンボール一箱の堀川ごぼう(検索してね)を、縁のあった京会席の店からいただきました。
『ありゃ~ ! まいったぜ』今までのケイアンにとっては、なにがなんでも、間に合わせることが、大切なこと。
堀川ごぼうは、ぬか水でゆがき、中心をくりぬいて、詰め物をして煮るのが定石。
2019年に閉店した<京味>の、故西健一郎氏のご指導では、
☆ 鶏ひき肉2に、白身魚のすり身1
☆ 片栗粉でなく、本物の葛粉をすり鉢ですること
☆ 15㎝の長さ、そのままで煮ること
気が遠くなりそう。
2020年に下内屋さんが閉店して、15㎝のくりぬき器も買えんし・・・
一番大切なことは、せっかくいただいたモノの命。
え~ぃっと、九州の末時千賀子さんに、1/2箱を送って、ご指導をいただきました。
 ・中心はすだから、金串でぐるりんとぬく。
 ・2㎝厚さに輪切りして、焼いて煮れば、それなりに旨い。

ブログのファンの皆様
 お遊びにお越しくださいませ。ごちそうします。

ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2022-12-31 23:30
ケイアンの今年1年、そのものです。
野口英世「母から子への手紙」100通書いて撃沈。
応募総数1,500通以下の報に、沈むどころか折れそう。
こういうところが、ケイアンの突然で突飛なところでありまして、12月6日にケーサツに教えを乞いました。
あるお方様は、絶対外せない、ひとつひとつを真剣に撃つこと。
あるお方様は、あたるまで撃つこと、続けること。
ケーサツだ~ぃすき。勇気りんりん、やる気りんりん。
これで読売新聞「仕事の短歌」100首達成、結果待ちです。

このブログも2009年から1,147回。
おせちを売らさせていただくことも23年。
今年のおせちです。たろさのおかげで、魚勝様のご支援に、ありがとうございます。
1人前税込み5,500円です。

レシピです。
かまぼこの一番おいしい厚さは、7㎜から15㎜までを、真剣に食べ続けて11㎜。
ちなみに、[おかめうどん]のかまぼこは4㎜。
スーパーで買うなら、ピンクの(塩七)か、赤の(キクノ)がおすすめ。
これを4㎜に切って、爪楊枝で花を作ったらワンダフル。
ブログのファンの皆様
  どーぞ よいお年を。
  どーぞ 来年は、おせちを買ってね。2022おせち

耶蘇降誕祭

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2022-12-21 9:06
明治34年発行の料理本では、クリスマスのことを<やそこうたんさい>と書いています。
今年はクリスマス寒波とのこと、ハーッ(●’◡’●) ちなみに、ため息は「命を削るカンナ」だそうですから、リフレッシュ・レシピを。
(^_^)シャリアピンステーキ(^_^)
ロシアの声楽家フョードル・イワノビッチ・シャリアピンが、昭和11年に帝国ホテルに泊まってますが、彼は歯が痛くて、ステーキが食べられなかったので考案されました。

牛肉をよくたたき、玉ねぎのすりおろしをまぶしてつけこみ(1時間)、玉ねぎをはずして焼きます。バターでみじん切りの玉ねぎを炒めて、ソースとします。玉ねぎのすりおろしには、タンパク質分解酵素が含まれているので、やわらかくなるのですが、ええの(>_<)ええの(>_<)牛コマを手でギューッとよせて、ステーキ肉のように形づければOK。オーストラリア、タスマニア産ビーフの小間切れ200gで500円です。(玉ねぎすりおろしは100g分)
バター大さじ1を流した卵焼き器にいれ、塩コショウして、焼いて下さい。。
フライパンで、玉ねぎのみじん切り100gを、バター大さじ1でキツネ色になるまで炒めます。
牛コマなんて(^///^)人は、ステーキ肉1枚130g~150gを買って下さい。国産でも外国産でも、フィレでもロースでもいいですが、帝国ホテルではランプです。
平成16年に、単品5,500円で食べました。

各務原の友愛キリスト教会(プロテスタント)新井健二牧師にご縁がございます。
 イブ礼拝 PM7:00~8:30
 クリスマス礼拝 AM10:00~12:00
 真心のこもったランチをいただけます。
TEL&FAX 058-382-8822

なんか ようか ここぬか とおか

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
keian 2022-12-8 8:40
師走は、アセアセ忙しい。
思わず、なんか用か?九日十日、と言ってしまいます(笑)。
「送ったよ」と連絡あれば、ソワソワからアセアセ、もうどうなっとるの?

<くろがね堅パン>は、明治34年(1901年)官営製鉄所として設立された八幡製鉄所で、大正末期に従業員の栄養補給を目的に、独自の製法により開発され、現在も続いているものです。ケイアンは、これだ~ぃ好き。食べたい人は、おいで下さいませんか?
ネスカフェかリプトンティーバック、Vドラの¥168の牛乳で、ごちそうします。

レシピです。
焼き菓子は、小麦粉の半分のバター・半分の砂糖。
卵は、型ぬきから、ドロップ、絞り出し(天板にトターッと流す)で、量を増やして下さい。
バターの量を増やしたかったら、小麦粉の2/3のバター、1/3の砂糖、またはその真逆。
スカッと焼きあげたいときは、小麦粉の3%のBP。
ちなみに、<くろがね堅パン>は、油脂と卵が全く入らない。コンデンスミルクでつないでいます。
 
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町 5-23
TEL : (058)-262-4015
FAX : (058)-262-4015
URL : http://www.k-an.jp
とうふ屋桂庵のご案内
かわら版 カレンダー
« « 2024 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
女将の著書
Warning [PHP]: opendir(/home/keian/www/keian/modules/d3blog/images/caticon) [function.opendir]: failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113